海上建設・ウォータープラント開発・海洋開発へ 海のクレーンを創造するSKK

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法

SKKでは、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、多様な人材が活躍できる職場環境を整備するため、「一般事業主行動計画」を策定する。
 
1.計画期間 2017年9月1日~2021年3月31日
 
2.当社の課題
   a.年次有給取得率が低いため全ての従業員が仕事と家庭を両立できる環境が整備できていない
   b.男性従業員の育児休業取得者がいない(0%,2017年8月現在)
 
3.目標と取組内容
目標1.行動計画期間内に従業員の平均年次有給取得率を50%以上に引き上げる。
   ・社内報などを利用し、従業員へ取組方法を周知する
   ・各部門で有給休暇の計画的取得を図る
   ・誕生日休暇など記念日休暇の設定を検討する
 
目標2.行動計画中、男性従業員が育児休業・看護休暇・所定労働時間の短縮制度のいずれかを一人以上取得すること。また、女性従業員の育児休暇取得率80%以上を維持する。
   ・社内報などを利用し、従業員への取り組み方針を周知する
   ・配偶者の出産における特別有給を3日にする
   ・男性が育児支援の諸制度を利用しやすい環境の整備について検討する
   ・働く本人やその配偶者が妊娠・出産した場合、育児休業等に関する制度を知らせる
 
TOP